AION

エリシュオン

今回は天族の都『エリシュオン』をご紹介ΦωΦ

 

Aion124 

 

エリシュオンは明るくて絢爛豪華な空中都市。

まさに天界といった感じでしょーかヽ(´▽`)/

 

Aion114
 

エリシュオンはいたるところに花や木々が生い茂っていて、

荘厳な中にも安らぎを与えてくれます。

 

Aion116_4 

 

エリシュオンの各地区は空中に渡された橋で分けられてい

ます。空中都市なので下に落ちたらどうなるか…チャレンジ

してみるのもいいかも?

 

Aion117
 

橋と橋の間には移動する橋なんかもあったりしてこってます。

 

Aion118_2
 

ちょっと下からエリシュオンを眺めてみたり。エリシュオンでは

翼を使っての飛行はできないけど、滑空を使えばエリシュオン

の一番下まで降りていくことも可能です。

 

Aion120_2
 

ここは各種製作技術が学べるスペース。天族の都のほうが

魔族の都より必要な施設が使いやすい位置に配置されて

いる気がします。汗臭い製作スペースも天族の都では煌び

やかなものですΦωΦ

 

Aion122
 

図書館も広いねぇ(゚▽゚*)

 

Aion121
 

天族の都では巨大なペットも飼っている模様ΦωΦ

彼の詳しい生態についてはいまだ謎に包まれています。

 

Aion119
 

そして少し離れた場所にある『外港』と呼ばれるエリア。

ここには空中を移動するゴンドラにのって向かうのですが、

最近では便利な移動装置が開発され、テレポートで一瞬で

行くことができるようになりました。

 

Aion123
 

今はほとんど使われなくなった外港へ向かうためのゴンドラ。

乗るときに誤って足を踏み外したら下まで真っ逆さまです。

 

Aion125
 

ゴンドラを使って外港に移動するのも風情があっていいの

ですが、いかんせんとてもメンドクサイ…

別のゴンドラに飛び乗れるのかためしてみたいところです。

 

Aion127
 

外港エリアはちょっとした下町風情? 酒場や踊っている人、

ちょっと怪しげな人たちが集まっています。

 

Aion126
 

巨大なピアノの鍵盤発見。ジャンプすることでちゃんと音が

鳴ります。仲間と協力すれば一曲いけちゃう?

同じものは魔族の都にもありますΦωΦ

 

Aion129
 

夕焼けに染まるエリシュオンを外港から眺めます。

魔族の都パンデモニウムもいいけど、天族の都も新鮮だね。

それでは今回はこの辺でΦωΦノシ

カニカニ

助っ人レンファとカニ退治ΦωΦ

 

Aion111_2

 

このカニさんは低レベルの頃に出会うネームドモンスター。

ただしとっても硬くて痛いので、PT推奨です。

アイオン初期の頃には人気があってみんなにちやほやされて

いたけど、最近はカンストキャラがほとんど&人も少なくなっ

てきたので、1匹寂しく滝の下で人恋しそうにしています。

 

Aion112 

 

そんなカニさんを助っ人状態のレンファとしばきますΦωΦ

相手にしてもらったカニさんは真っ赤になって嬉しそう。

以前だと高レベルキャラで倒してもアイテムを何も落とさな

いのでまったく見向きもされなかったけど、助っ人システム

により一緒にいる低レベルキャラはアイテムをゲット可能。

これを利用してネームドモンスターを乱獲するのも怒られる

かもしれないけど、適正の低レベルPTが集まりにくくなって

いるのも事実なのですΦωΦ

 

Aion113
 

まったく苦戦することもなく茹で上がりました。

ただ『硬い!』の一言です(@Д@;

そしてとくにいいものもゲットできず…ΦωΦチッ

という感じで少人数でも強敵に挑んでアイテムをゲットできる

というのは個人的にはおもしろいです。

ゲーム的にはPT募集が過疎ったりと問題もありそうですが…

ビフォーアフター

最近すっかりさぼりっち……ΦωΦ; それもこれも…

 

Aion104

 

暑いクマーーー!!! 暑いせいクマーーー!!!!

などという猛暑続きですがみなさんお元気ですか( ̄▽ ̄)

 

アイオン2.5アップデートで配られた『外見変更券』で、キャラの

容姿もアップデート!です(゚▽゚*)

容姿をいじりたいキャラはガチコくらいしかいないので、

ガチコの顔を少しまるくなるように微調整。

 

Aion106
 

ビフォーΦωΦ

 

Aion107
 

アフターヽ(´▽`)/

2.5からだいぶまるい顔がつくれるようになりました。

普段だと外見変更券1000円くらいするからとてもいじる気に

はならないんだけど、今がチャンスなのです。

それからこちらも2.5からの新システムの『助っ人』システム。

レベル10以上離れた上位キャラは下位キャラの助っ人と

なることができ、経験値やドロップアイテムが手に入らない

かわりに、レベルの低いキャラとPTを組んでも下位キャラは

経験値やアイテムを得ることができます。

以前だとレベルが離れているPTだと経験値もアイテムもほ

とんど手に入らなかったので、少人数で難しいダンジョンな

んかも強力なキャラに手伝ってもらったり…とクエも進めや

すくなりました。簡単にパワーレベリングできちゃったりする

けど、少人数で遊んでいるうちらには下位キャラのお手伝い

もしやすくなっていい感じです(*^-^)

そして助っ人システムを使った専用の助っ人クエストという

ものがあり、1日1回受けられるそのクエストをレンファと一緒

にキャラを変えながら消化していますΦωΦ

クエストクリアでもらえるチケットで交換できる専用アイテム

がお目当てです。

 

Aion108
 

自分のレベルにそぐわない強敵も強いキャラに手伝ってもら

えば簡単に攻略できます。

 

Aion109
 

こいつは適正レベル6人PTで相手にするようなネームドモンス

ター。だけどレンファ一人でも相手にすることが可能…!

ちなみに私は見てるだけ……!!! (実際近寄っただけで範囲攻

撃で殺される可能性がありますΦωΦ;)

 

Aion110 

 

バシュッ!!! 強烈な一撃がヒット!

ΦωΦ『先生!がんばってください!』

ΦωΦ『私は先生のがんばりを心から応援するものです』

少人数でもクエスト進めやすくなったのはクエスト消化大好き

な私にとってはうれしいところですΦωΦノシ

ポエタの救世主

次元の扉を開いてポエタに龍族を呼び込むというクラルたち

の恐るべき陰謀を阻止するために、廃坑の奥へ進みます。

すでに龍族が侵入していたら、レベル10の私に勝ち目はあ

りません(ゲーム的な意味で)ΦωΦ;

 

Aion92 

 

しばらく行くと、かなり大きな開けた場所に出ました。

 

Aion93
 

ここにはかなりの数のクラルやブラウニーたちが警護にあたっ

ています。なにやらここが重要な施設のようです( ̄ヘ ̄)

しかし私のスペシャルな隠密技術のおかげで誰にも気づかれ

ていないみたい。シャドウだけに影が薄いっていうな!(`Д´)

 

Aion94 

 

あっ! なにやら怪しげな洞窟が口を開けています!

あのいかにもな感じのやつが『次元の扉』っぽいよ!

まだ龍族はこちらにはきていないようで一安心((・(ェ)・;))

見つけたら目に物見せてやろうと思ったのに残念です…

 

Aion95 

 

そしてこれが次元の扉にオードの力を供給している制御装置

に違いありません! 3つあるこの柱を順番に破壊します。

 

Aion96 

 

さすがに次元の扉の警備は厳重で、屈強なガードたちが襲い

掛かってきます。魔族側にも同じようなミッションがあるけど、

天族側のほうが簡単な気が… やりなれたからかなぁΦωΦ

 

Aion97
 

次元の扉の前には最後の制御装置となにやら強そうなクラル

のボスが! あいつを倒さないと次元の扉を破壊することは

できないみたい。と書いている間にボスを瞬殺ΦωΦヨワス

 

Aion98 

 

いまだ閉じられているとはいえ、禍々しい邪悪なオーラをひし

ひしと感じます。 これでポエタに平和が訪れるんだね!

今は亡きカトゥヲさんのかたき! そしてトッティーのかたきだぁ

ぁぁぁぁ!!!!!( #` ¬´#) ぁぁぁぁぁぁぁああΦωΦあれ?

こうして見事クラルたちの陰謀を打ち砕いた私は、傭兵団の

みんなが待つ村へ帰還したのでした。

 

Aion99
 

団長さんもすっかり私の偉業に感激しています。

元傭兵仲間のよしみでサイン書いたげるよ?ΦωΦんん?

 

Aion100
 

村のみんなからも祝福が。まあディーヴァとして当然のことを

したまででございますわ。 ちょっ!! 誰だ!いまドサクサにま

ぎれて蹴り入れてきたのはぁぁぁぁ!!!!!(#`Д´)

ということでポエタでの冒険はここまで。

ディーヴァに覚醒した私は天族の首都『エリシュオン』へと旅

立ちます。

 

Aion101
 

とうとうやってきましたエリシュオン!

なんて煌びやかなんでしょヽ(´▽`)/ AIONにおいてポエタで

の冒険はいわばプロローグ。ここエリシュオンを拠点として

広大な天界世界の冒険が始まるのです。

まだまだひよっこディーヴァの私ですが、ぼちぼちと美しい天

界巡りをしていきたいと思いますΦωΦノ

恐るべき陰謀

ディーヴァとしての力を取り戻した私はポエタでの最後のミッショ

ンへ向かいます。傭兵団の仲間からの情報によると、鉱山で採

掘されたオディウムが、クラルたちによってポエタの奥にある廃

坑に運び込まれているらしいですΦωΦ

そして先に調査に向かった仲間の一人がまだ戻らないという

証言も。これだから思慮の浅い人間は困りますΦωΦフゥ…

 

Aion88 

ここが廃坑の入り口…なにやら事件のニオイがします!

 

Aion89 

警備に配置されたクラルやブラウニーたちの数を見るだけで

も、ここが重要な施設なのは間違いないみたいね。

 

Aion90 

廃坑内は薄暗く、どこまでも奥に続いています。巡回も頻繁に

歩き回っているけど、得意の隠密行動で音もなく一体ずつ確

実に仕留めながら奥へ向かいます。

 

Aion91 

途中で行方不明の団員を発見。まったく世話が焼けるなぁ。

それにしてもそのボロ牢屋… 確実に格子すり抜けられるよ

ね…(゚ー゚; ハッ…まさか新手のカマッテチャン!?

しかしここでクラルたちが廃坑で何を企んでいるのかが判明。

クラルたちの恐ろしい計画…それは鉱山で集めたオードの

力をつかって次元の扉を開き、ポエタに龍族を呼び込むと

いう恐ろしいものでした(lll゚Д゚)

この平和なポエタに龍族が侵入しようものなら、あっという間

にこの地は龍族に蹂躙され尽くしてしまうことでしょう。

この危機を救えるのは人間を超越したディーヴァである私し

かいないのではないか? いや、いない!(断定)ΦωΦノ

ヤッタルデェ! ポエタニ伝説ウチタテタルデェ!( #` ¬´#)

でも疲れたので今日はここまで… ΦωΦノ 以下次号!

翼を取り戻せ

愛豚トッティーの死を受け入れられないペルノスさんは以前よ

りもだいぶ老け込んだように見えます。

 

Aion80 

老け込んだように見えますΦωΦ

そんな悲しみの中、彼はエリム族の長老と同様に私の中にあ

る特別な力を見抜いたようです。あふれ出る高貴なオーラは

さすがに隠し通すことはできないみたい(*´Д`*)

ペルノスさんは特別な力で私の失われた記憶を見せてくれる

そうです。じじぃ…あんた何者!?ΦωΦヤルナラヤルゾ

 

Aion81 

再びやってきた記憶の中。ここはエリム族の長老にも途中ま

で見せてもらった場所であり、天と魔、そして龍族が三つ巴に

しのぎを削る戦乱の地『アビス』。

どうやら私は天族のディーヴァであり、有力なレギオンの軍団

長だったらしいのです。仲間の視線がAKB48を応援するコア

なファンのように私に突き刺さりますΦωΦ

 

Aion82 

アビスでは天と魔が交戦中で、私はそこを潜り抜けて龍族の

軍団長『オリッサ』を打ち倒すために飛び立ちます。

 

Aion83 

バサササッ! これが私の本来の姿! アビスではその翼を

使って自由に羽ばたくことができるのですヽ(´▽`)/

そうこうしているうちに龍族たちのテリトリーに突入っ!

 

Aion84 

たちまちわらわらと湧き出してくる龍族たち。

しかしここは過去の記憶の中だからやりたい放題ΦωΦ

雑魚に用はない! オリッサはどこじゃぁぁ(#`Д´)

 

Aion85 

あんたがオリッサね! いざ勝負~~

 

Aion86 

うりゃああああぁ!!! 圧倒的に私の勝ちだったのに大人の事情

で逆転負けに… くっ…無念… -ωーガクリ

どうやら私は龍族に(大人の事情で)負けたことにより記憶を

失ったらしいです。どうして助かったのか…それは私が主人公

だからにほかなりませんΦωΦb

つまり私は魔族と龍族を打ち倒し、AION世界を天族の手に取

り戻すために運命付けられた特別な存在。

どのくらい特別な存在かというと、おじいちゃんからウェルター

スオリジナルをもらえるほど特別な存在だということ…!

ΦωΦダレモシランカ…

 

Aion87 

こうして私はディーヴァだったときの記憶を取り戻し、その純白

の翼も取り戻すことができたのでした。

これからはシャドウウィングのディーヴァとしてぶいぶい言わせ

ていきたいと思います。ディーヴァに覚醒したことで天族の首都

エリシュオンに行くことができるようになったのですが、その前

にここポエタでまだやりのこしたことが。

クラルたちの陰謀を打ち砕いて、ポエタに平和を取り戻さない

となのです!ΦωΦノヤッタルデェ      

トッティーを探せ!

ミッションを進めていくと、エリム族や傭兵団を悩ませるやっか

いなヤツラが登場してきます。

 

Aion67 

美しいエリムたちの森が無残に伐採されて禿山に…

地球温暖化ってレベルじゃ~ない!?(#`Д´)

 

Aion68 

私たちを悩ますのはブラウニーのドゥカキ族たち。

彼らはなにやらこの奥にある鉱山で採掘をしており、そこに伐

採した材木を運び込んでいる様子。

一体なにを企んでいるのか…これは潜入調査が必要みたい!

 

Aion72 

Aion73 

彼らの鉱山に潜入成功です。このあたりのMOBはみんなアク

ティブなので、慎重に進みます。一生懸命採掘作業に従事する

ドゥカキ族たちを監督しているのは大柄なクラルのトルシン族。

 

Aion71 

凶暴そうなヤツだね! でも私の敵じゃあありません!ΦωΦ

 

Aion75 

ふう…シャドウ候補の私なので、隠密行動はお手の物。

彼らの鉱山の秘密を暴くために、更に奥へと進みますです。

 

Aion74 

奥のほうにはなにやらグツグツと大がまで煮込まれているもの

が。どうみても彼らのお昼ご飯には見えません。

どうやら採掘した鉱石を釜で煮込んでいる様子。ふむ~、この

釜を煮込むために大量の材木が必要みたいね(._.)

戻って報告すると、どうやら彼らはオードを含んだ鉱石である

オディウムを採掘し、それを煮込むことでオードを抽出する術

を見出しているのではないかということに。

我々の敵である亜人種たちが、オードの取り扱いについての

方法を知っているとなれば大問題!

オードはAION世界においての重要なパワーとエネルギーの

もとであり、強力な兵器を作り出すことも可能になるのです。

彼らの企みを阻止するためには、釜の液体を中和する薬が

必要なのですが、その薬を作れるのは森の奥にひっそりと

隠れ住む謎の老人ペルノスさんただ一人。

なんとしても彼に協力してもらわなくちゃだわ!ΦωΦ

 

Aion76 

探し当てたペルノスさんは、なにやら悩みを抱えている様子。

どうやら長年家族同然に育てていたポーグスのトッティーが

行方不明だそうです。孤独な老人の余生の楽しみですから、

それはそれは心配でしょう。

 

Aion77 

※ペルノスさんのトッティーと同種のポーグス

 

よ~し、中和剤作ってくれるお礼ついでに私が探してきてあげ

ちゃいます! 期待してまっててね~(≧∇≦)

 

Aion78 

どうやらこの中にトッティーがいるみたいなんだけど…

どこ? どこ? トッティーを探せ!

 

正解は……ΦωΦ

 

Aion79 

ギャアアアア!!!! トッティーー!!!!!

あれ…でもいい匂い…ΦωΦジュルリ

ペルノスさんには悲しいお知らせをしなければいけないようです。

ペルノスさん…トッティーは…すごくおいし…もとい、すでにブラ

ウニーたちのお腹の中でしたーωー;

この話をきいたペルノスさんの怒りは、彼の白髪を一瞬にして

サイヤ人のような金髪に変えてしまったほどですΦωΦ

ペルノスさんの復讐により中和剤は完成し、クラルの鉱山基地

に大ダメージを与えることができました。

それにしてもクラルたちはオードの力を何に使うつもりだったの

か。彼らが企んでいた恐るべき陰謀が明らかになっていきます。      

愛ゆえに

村の雇われ傭兵団たるもの、人々の切なる願いには出来る

限り応えねばなりませんΦωΦ

 

Aion69  

今日はこちらのカトゥヲさん(仮名)からの依頼が!

ふむふむ… 森に水浴びをしにくる妖精のニンフさんに一目

ぼれしてしまったからなんとかしてほしい…ですか。

正攻法でアタックしても軽くあしらわれそうなので、水浴びを

しているニンフの服をかっぱらって取ってきて欲しいと。

そんな破廉恥な依頼受けるわけないでしょ!(`◇´*)

といいたいところだけど、こちとらしがない雇われの身。

傭兵団のためにもあなたのその欲望を叶えましょうΦωΦ

 

Aion65  

森で水浴び中のニンフさんはすぐに発見できました。

※撮影のために特別な許可をいただいて、ニンフさんには服

を着用したまま水浴びしてもらっていますΦωΦ

左に見える岩の上にあるのが目標のブツ…確認しました!

 

Aion64  

まずは世間話でもして相手の隙をうかがいます。

ニンフ 『最近水浴びをのぞきにくる変質者がいるのよねぇ』

ΦωΦ 『え~~超キモイんですけどぉ~』

このあとニンフさんが最近上司との不倫で、相手が奥さんと

別れてくれないという話をするまでに打ち解けました。

 

Aion70 

ニンフさんが上司との思い出にふけっている今がチャンス!

目的の服を素早くゲットしたら、あとは振り返らずに一目散に

逃げるだけです!三(ノ;´Д`)ノ

 

Aion69_2 

ゼェ…ゼェ…服とってきたよ~

伝説によるとニンフの衣を手に入れたものはニンフと結婚でき

るとかなんとか。愛にはいろいろな形があるのですね。

ただひとつ気がかりなのは、その後だれも彼の姿を見たものが

いないということです。 その後の調査で我々は、彼にニンフの

伝説を吹き込んだのがその不倫相手の上司だということを知る

ことになるのですが、その話はまたいつか。

ミッションコンプリート!ΦωΦノシ

森の精霊

天界散策は続きます。

 

Aion57  

とりあえず傭兵団の本拠地である村に戻ってきました。

小さいけど活気のある村です。村人たちからもいろいろとお手

伝い(クエスト)を頼まれたりΦωΦ

 

Aion59 

この方が傭兵団のボス。クエストなんかよりももっと大きな指令

(ミッション)を与えられます。ミッションをこなしていくことで、

キャラクターは大きな運命の渦に巻き込まれていくことに(゚ー゚)

 

Aion60 

ミッションを遂行するために向かったのは深い森の中。

2.5になって光の表現が強化され、森の中の木漏れ日も印象的

な雰囲気をかもし出しています。

 

Aion61 

森の中にいるのは『エリム族』と呼ばれる木の精霊たち。

彼らはAIONの世界に太古から存在する知的種族であり、ストー

リーにも関わってくる重要な存在なのですΦωΦ

そんな彼らとはなにかと友好的な関係を築いておきたいもの。

彼らが困っていればしぶしぶ助けてあげないとです!

 

Aion63 

エリム族たちの頼みを聞いてあげていると、森のエリム族の

ボスにお目通りがかないました(*´Д`*)

彼は一目見るなり私の隠された高貴なオーラを見抜き、失わ

れた記憶の一部を垣間見せてくれたり…

こうしてミッションを進めていくことで自分が何者なのかを思い

出していくのですが、それはまだ少し先の話ですΦωΦ

まったり天界探訪

AIONも2.5になり、美しいグラフィックが更に強化されました。

歩き回っているだけでも楽しいこの世界をもっと満喫するため

に、天族側に新キャラを作っての天界巡りの始まり始まり。

このゲームは、同じサーバー内に天族か魔族かのどちらかの

種族しか作れません。メインキャラは魔界ですが、広大な魔族

の世界もだいたいは散策し尽くしました。

魔族でプレイしている限り、同じくらい広大な天界を体験する

には天界に潜入するしかありませんΦωΦ

しかし潜入には常に相手種族との殺るか殺られるかの危険が

つきまといます。そんな危機的状況に私の心臓は耐えられそ

うにないので、別サバにキャラを作ってまったり天界散策を

楽しみたいと思いますヽ(´▽`)/ ブログネタにもなるしね?

 

Aion51 

キャラはシャドウのアプリエル。2.5になってキャラ作成のバリ

エーションがひろがり、ちょっとマンガちっくなキャラもつくれる

ように。前だと美人は比較的簡単に作れるけど、子どもっぽい

キャラを作るのはけっこう難しかったのですΦωΦ

 

Aion52 

ゲームのスタート地点は天界の『ポエタ』。最初は記憶を失っ

た村の傭兵団の一員としてクエストをこなします。

その辺に生えている草花を摘んで採集スキルを育てるだけで

レベルが上がります。単純作業だけど採集スキル上げは好き

なんだよね~( ̄▽ ̄)  MOBそっちのけで採集物を見つける

と集めたくなります。

 

Aion53 

このへんにいるMOBはみんなアクティブ(近づくだけで攻撃し

てくる)ではないので、じっくりと観察しちゃいます。

なんかMOBのグラフィックが一番綺麗になってるかも…?

 

Aion54 

このあたりの農民さんたちも、畑を荒らすMOBたちと果敢に

戦います。NOUMINつえええ~!!(゚ロ゚屮)屮

 

Aion55 

そんな農民さんたちですが、やっぱり頼りにしてるのは私たち

傭兵団ΦωΦ というか、高い金を払って傭兵やとってるんだ

から、ちゃんと働け!って尻をたたかれているっていうほうが

正しいんですけども…

 

Aion56 

こうしてミッション・クエストを進めながら、まったり天界散策し

ていきたいと思いますΦωΦノ<期待セズニ待テ!!!   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー